1. ホーム
  2. 嚥下体操

嚥下体操(えんげたいそう)

嚥下体操の資料ダウンロード(PDF)

嚥下(えんげ)とは「飲み込み」のことです。
口や頬を動かすと、唾液の出がよくなり、飲み込みやすく食べやすくなります。
食事前の準備として行ってください。

注意:本人の状態によっては、手や首を動かすことが良くない影響を及ぼす場合もありますので、無理のない方法を選択してください。


01 姿 勢

姿勢:リラックスして腰掛けた姿勢をとります。

02 深呼吸

深呼吸:お腹に手をあててゆっくり深呼吸します。

03 首の体操

首の体操:ゆっくり後ろを振り返る。左右とも行う。次に首を左右にゆっくりと一回ずつ回す。次に耳が肩につくようにゆっくりと首を左右に倒す。

04 肩の体操

肩の体操:両手を頭上に挙げ、左右にゆっくりとおろす。肩をゆっくりと上げてからストンと落とす。肩を前から後ろ、後ろから前へ二回ずつ回す。

05 口の体操

口の体操:口を大きく開けたり、口を閉じて歯をしっかり咬み合わせたりを繰り返す。口をすぼめたり、横に引いたりする。

06 頬の体操

頬(ほほ)の体操:頬をふくらませたり、すぼめたりする。

07 舌の体操

舌の体操:舌をべーと出す。舌を喉の奥の方に引く。次に口の両端をなめる。次に鼻の下、顎の先をさわるようにする。

08 発音練習

発音練習:「パ・ピ・プ・ペ・ポ」「パ・タ・カ・ラ」を繰り返し言う。

09 咳ばらい

咳ばらい:お腹を押さえて「エヘン」と咳ばらいする。